2023年おすすめスマホバッテリー

個人的におすすめなのが、ソーラー付きバッテリーです。電源がなくても充電できるので、アウトドアなどには必須ですよ!防災対策としてもGOODです!

防災士監修【61200mAh大容量・2023年新登場 & 手回し充電】 モバイルバッテリー 


防災士監修【61200mAh大容量・2023年新登場 & 手回し充電】 モバイルバッテリー ソーラー 大容量 ケーブル内蔵 急速充電 ソーラーモバイルバッテリー ソーラーチャージャー 5台同時充電 5way蓄電 IPX7防水 耐衝撃 スマホ携帯充電器 高輝度 LEDライト付き 太陽光で充電でき 緊急停電対策 SOSモード 防災グッズ 地震/災害/旅行/アウトドア用 iPhone/iPad/Android各種他対応
4本ケーブル内蔵 3WAY充電 LEDライト付き

この製品は、61200mAhという大容量のモバイルバッテリーで、内蔵ケーブルとUSBポートを持っているため、どんなデバイスでも複数回充電が可能です。内蔵ケーブルは4本あり、これらを使って最大5台のデバイスを同時に充電できます。

さらに、3種類の規格に対応した出力ケーブル(Type-Cなど)も内蔵されていて、3Aの急速充電に対応しています。専用ケーブルを持ち歩く必要がありません。また、4つのLEDインジケーターが付いており、バッテリーの残量や蓄電状況が一目でわかるようになっています。

特筆すべきは、この製品はソーラーモバイルバッテリーで、太陽光を利用して充電することができます。ソーラー充電の状態は緑色のLEDインジケーターで確認できます。また、強力なLEDライトも付属しているので、日常使いはもちろん、停電や災害時の非常用電源としても活用できます。

ただし、使用する際には注意事項があります。使用環境温度は0℃から40℃とされており、高温下での使用や保管は禁止されています。特に夏場の高温時や車内など、温度が上がりやすい場所に放置すると、発火する恐れがあるため、十分注意してください。

 

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーとは、スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機やノートPCなどのデバイスを充電するための携帯型の予備電源です。

これは再利用可能なリチャージャブルバッテリーを利用した製品で、内部のバッテリーが蓄えている電力でデバイスを充電でき、電源のない場所でも使用できます。日本では災害が多いため、スマートフォンのバッテリーが切れるのを防ぐために持っている人も増えています。

モバイルバッテリーの充電方法としては、ACアダプターを使用してコンセントから充電する方法、USB接続ケーブルを用いてPCから充電する方法、または車のシガーソケットから充電する方法があります。

モバイルバッテリーの選び方としては、以下の点に注意してください。コンパクトで軽いモバイルバッテリーもありますが、大容量のものを選ぶときは一般的に重さやサイズが大きくなります。これらの要素を考慮して選んでください。

容量は、一度に何回デバイスを充電できるかを示します。容量が10000mAhあれば、多くのスマホが約3回分充電できるとされています。スマホを一日中使う人は、10000mAh程度のバッテリーが適しています。

充電スピードは、「出力」や「Quick Charge対応」、「USB PD対応」などの規格により異なります。出力はモバイルバッテリーが1秒間に送ることができる電流を示します。これが大きいほど早く充電できます。特に急速充電対応のデバイス、例えばiPhone 6 PlusやiPhone 7などは、出力が2.4A以上のモバイルバッテリーがおすすめです。

また、「Quick Charge」はAndroidデバイスの高速充電規格で、「USB PD」は最大100Wまでの大電力供給が可能なUSB Type-C規格です。これらの規格に対応したモバイルバッテリーを選ぶと、充電の効率が向上します。

最後に、USBポートの数も重要です。複数のデバイスを同時に充電したい場合や、家族やグループで共有したい場合は、2つ以上のUSBポートがあるモデルを選びましょう。

モバイルバッテリーは、さまざまな便利な特性を備えた製品が多数出ています。特に、「ケーブル内蔵」「コンセント一体型」「Qi規格対応」は、見逃せない特性です。以下では、これらの特性について詳しく説明します。便利な特性を生かして、モバイルバッテリーの利用をさらに快適にしましょう。

携帯性を優先するなら、コンパクトな「ケーブル内蔵型」 出典:Amazon 注目が高まっている、コンパクトでケーブル内蔵型のモバイルバッテリーは、バッテリー本体に直接ケーブルを接続する手間を省くことができ、いつでもどこでも便利に充電することが可能です。ケーブルが不要であるため、持ち運びが軽くなり、忘れ物をする心配も減ります。

手軽に使える「コンセント一体型」 出典:Amazon コンセントに直接差し込める「コンセント一体型」モバイルバッテリーは、外出中の充電、USBポートとしての活用、荷物の省略といった様々な利点があります。

しかし、通常のモバイルバッテリーと比べて大きいサイズであったり、コストパフォーマンスがそれほど良くないというデメリットもあることを覚えておきましょう。使う状況や目的によって、通常型のモバイルバッテリーと一体型のモバイルバッテリーを適宜使い分けると良いでしょう。

ワイヤレス充電には「Qi規格対応」 出典:Amazon 荷物を最小限にしたい方には、ワイヤレス充電可能な「Qi規格対応」モバイルバッテリーがおすすめです。ケーブル接続なしで、本体を置くだけで充電ができます。マグネット式の製品もあり、充電ケーブルを持ち歩く必要がなく、便利に充電できます。

携帯性を考える際は、サイズと重量を確認 出典:Best One モバイルバッテリーの容量が大きいほど、そのサイズや重量も大きくなる傾向があります。日常的にモバイルバッテリーを持ち歩く方は、普段使っているバッグに入れても邪魔にならないサイズかどうか、また、その重量を考慮して選ぶことを推奨します。

また、製品を選ぶ際には重量もチェックしましょう。ほとんどのスマートフォンは200g程度ですが、それと同じくらいのモバイルバッテリーであれば、持ち運びにおいて重さは気にならないでしょう。容量が多いバッテリーは重量もあるので、容量と重量のバランスを考えて選ぶことが大切です。

安全性はPSEマークで確認 電気用品安全法で定められた基準を満たした電化製品には、PSE(Product Safety Electrical Appliance and Materials)マークが付けられています。

かつてモバイルバッテリーは対象外でしたが、事故が増えたことから法改正が行われ、現在ではPSEマークのない商品の製造・販売は禁じられています。

したがって、製品の安全性を確認する際の判断材料となります。日本製、海外製に関わらず、PSEマークが付いているかを確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました